その他政府、国際機関における検事の職務

事件が起きたときなどに検事という職業の人が関わってきますが、どのような仕事をしているのでしょうか。
事件が起きたときは警察によって逮捕された容疑者の身柄は警察から検事に送検されます。ここから検事による取り調べが始まり、警察の捜査情報や検事自らが捜査して得た情報をもとに起訴にするか不起訴にするか決めます。起訴をして裁判になれば冒頭陳述や論告により事件のいきmobile01_mさつや犯行内容を述べて最後に求刑をします。
これが一般的に知られている検事の職務ですが、実は検察官としての職務だけではないのです。
検察官としての職務を全うするためには各種の法律に対して深い知識が検事には求められます。そしてその知識をもって検察官としての職務以外にも政府における法律の専門家として様々な所で活躍しています。
法務省では日常生活を安全に送れるためのルール作りや遵守するための司法の仕組み作りなどを行っています。またルール破った者に対する処罰やその後の社会復帰などの制度運営にも携わっています。
その他にも警察庁や外務省、金融庁など多くの場所に出向しています。また国際連合や国際刑事裁判所など国際機関にも出向しています。
このように検察官としての経験や、各種法律に関する知識をもつ検事は様々な異なる分野でも活躍しています。

コメントは受け付けていません。