検察官としての職務

検察官というのは司法の場においては検事と言う名称で非常に有名な存在になっています。裁判等で刑事事件が発生したgf1950145872l場合に、その事件の捜査や起訴、不起訴などの処分を行い、裁判所に正当な法の適用を請求する裁判の場で指揮監督する権限を持っている官僚のことを言います。イメージとしては刑事事件において裁判の場で弁護士と反対側の存在であると言えます。公益の代表者として見本等各種の法律によって数多くの権限を与えられている専門職の一種です。
検察の仕事には色々なものがありますが、基本的に国家社会の治安維持を目的にしているものであると言えます。検察権の行使に当たっては常に厳正であり公平、そして特定の考え方に偏らないことを必要とする職務です。また事件に関しては人権を尊重した活動を行っています。
検察の活動の場は一般的に検察庁における業務であると考えられていますが、実際には政府における法律の専門家としての能力を活かして法務省や多くの行政機関、民間や外国組織との関わりも幅広く必要とされています。今後はその様な幅広い業務に法律の知識を用いた活動を行うようになっていくと考えられており、政府機関や国際機関等で幅広く活躍して行くことになって行くと考えられています。

コメントは受け付けていません。