法務省における検事としての職務

法務省の役割と言えば真っ先に浮かぶのが裁判所による判決の場ですが、それだけにとどまりませんa0001_013081。国民が活動するにあたって、日常生活における基本的なルールを法制という形で定め、そのルールが破られることの無いように司法の基本的な仕組みを作ることもまた重要な役割なのです。また、犯罪を犯した人を処罰するとともに、その社会復帰を援助するような制度の運営にも携わっており、検察、矯正、更生保護といった制度を定めています。さらには人権が尊重されるような取り組みを為したり、外国人の入出国を管理するといった、国民を守るために動く機関だと言えます。特に中心となっているのが検事であり、国家社会の治安維持に努めることを義務とし、人権を尊重することを基本として検察権の行使を許可されています。その権限の内容は広くに渡り、刑事事件において検察官として捜査や起訴、不起訴の処分を行い、裁判所に法の適用を請求することで裁判監督の指揮を執る権限や、公益の代表者として民法等各種の法律に基づいた多くの権限を与えられていることが挙げられます。また、検事活動は検察官としてのものに限らず、その他行政機関や在外公館、民間組織や海外組織といった幅広い場で活躍が期待されており、様々な場に赴くこととなるのです。

コメントは受け付けていません。